雑記

コーヒーは焙煎によって美味しさや香りが変わる!?カフェや喫茶店で飲むコーヒーをより深く味わえる方法

コーヒーショップやカフェ、喫茶店などに行くと
『当店で取り扱っているコーヒー豆は浅煎りです!』
『本日のオススメコーヒーはエチオピア産のコーヒー豆を深煎りした芳醇な香りが楽しめるコーヒーです。』
など目にしますね。

浅煎りや深煎りとは美味しいコーヒーを飲むための工程の1つ“焙煎(ロースト)”を意味しています。

普段飲んでいるコーヒーを見ているとコーヒー豆は元から茶色と思われがちですが、

コーヒー豆は収穫したときは緑色の豆(生豆)です。
収穫したての緑色の豆でもコーヒーとして飲む習慣もあり、緑色の豆の状態でコーヒーを淹れた物を“グリーンコーヒー”と呼ばれています。
グリーンコーヒーとして飲むことはできますが、豆独特な青臭さあり好き嫌いが分かれます。

このように生豆のまま飲むと独特な青臭さがあるので、コーヒー豆を焙煎することは美味しいコーヒーを飲むための大切な工程になります♪

焙煎には肉の焼き加減である“ミディアム”や“レア”、“ウェルダン”のように煎りの度合いによって名前が変わってきます。
今回はコーヒーショップやカフェ、喫茶店に行ったときに自分の好みに合わせてコーヒー豆の焙煎度合いを選べるように紹介します!

コーヒー豆の焙煎度合いにより変わる風味と香り

焙煎はじっくり火の通すことによって香り、風味などが変わります。

例えば同じブラジル産の豆を使って焙煎の違いを確かめてみると、
・浅く焙煎した場合は、酸味が強くコーヒー独特の苦味があまり感じることができません。
・深く焙煎した場合は、酸味が弱くなりコーヒー独特の苦味が強くなります。

このように焙煎が浅い(浅煎り)ほど酸味が強く、焙煎が深くなる(深入り)ほど酸味が弱くなりコーヒー独特な苦味が強くなります。
コーヒー豆の風味がわかりやすいように浅煎りと深煎りを紹介しましたが、コーヒー豆の焙煎には8段階の焙煎の度合いがあります。

香りや風味の違うのか?コーヒー豆の8段階の焙煎の度合い

現在、焙煎の度合いで広く使われているのがアメリカで採用されている8段階方式です。

8段階の内訳としては、

・ライト(極浅煎り)
・シナモン(浅煎り)
・ミディアム(浅煎り〜やや中煎り)
・ハイ(中煎り)
・シティ(中深煎り)
・フルシティ(やや深煎り)
・フレンチ(深煎り)
・イタリアン(極深煎り)

といったように分けられます。

日本のコーヒーショップやカフェ、喫茶店などで親しまれている表現は“浅煎り”“中煎り”“中深煎り”“深煎り”の4段階が親しまれています。

焙煎度合いの見極め方は、コーヒー豆を煎る際に豆が“パチ、パチ、パン、パン”という爆ぜる音を基準にライト(極浅煎り)〜イタリアン(極深煎り)を見極めています。
焙煎をしているときに聞こえる爆ぜる音は、イタリアン(極深煎り)するまでに2回ほど聞こえます。
この爆ぜる音を焙煎士の間では、“ハゼ”と呼んでいます。

ここからは“ハゼ”のタイミングで変わる焙煎度合いと各焙煎度合いによって香りや風味がどう変わっていくのか紹介します。



日本で親しまれている“浅煎り”“中煎り”“中深煎り”“深煎り”の香り、風味の違い、焙煎のタイミング

浅煎り

1回目のハゼの手前から1回目のハゼの中間くらいで焙煎を止めたコーヒー豆を浅煎りと呼んでいます。

浅煎りは焙煎を浅くしているので酸味が強く、コーヒー豆の種類によっては渋み、えぐみなどが残ります。
渋みやえぐみがなく爽やかな酸味で味わえるコーヒー豆は、キューバ、ハイチ、ドミニカなどカリブ海付近の育成状態が良いものが使わたりします。
キューバ、ハイチ、ドミニカなどのコーヒー豆の特徴である水分が少なく肉薄の豆に適した焙煎度合いになります。

中煎り

1回目のハゼが終わった時点で焙煎を止めたコーヒー豆を中煎りと呼んでいます。

一般的にカフェや喫茶店、家庭で飲まれるレギュラーコーヒーは中煎りのコーヒー豆を使っています。

酸味と苦味のバランスが良く、さっぱりした風味のコーヒー豆です。

中煎りで使われるコーヒー豆は、水分含有量が少ないカリブ海系の豆やブラジル産のコーヒー豆を自然乾燥させたものを使っています。

あっさりとした味わいの中低地などで栽培された豆に適した焙煎度合いです。

中深煎り

2回目のハゼの始まる寸前から2回目のハゼのタイミングで焙煎を止めたコーヒー豆を中深煎りと呼んでいます。

中深煎りはカフェや喫茶店、家庭のアイスコーヒー用として飲まれていることが多いです。

その他に『炭焼珈琲』も中深煎りのコーヒ豆を使わることが多く,スプレッソコーヒーにも用いられています。

苦み、酸味のどちらにも偏らない芳醇なコーヒー独特な香りを楽しめるコーヒー豆です。

ハワイ・コナといった個性のある豆や中部アメリカ、メキシコ産などの豆に適した焙煎度合いです。

深煎り

2回目のハゼが終わり、コーヒー豆の表面に油がにじみ出て光沢が見られるようになるまで焙煎をしたコーヒー豆を深煎りと呼んでいます。
コーヒー豆の色はわずかに茶色が残っている状態です。
深煎りしたコーヒー豆はコーヒー独特の苦味と香りを残したいエスプレッソコーヒーをアレンジしたメニューで使われたりします。
代表的なメニューはカフェモカやウィンナーコーヒーです。

酸味の強い、水分含有量の多い高地のケニア、コロンビアなどの豆に適した焙煎方法です。

このように美味しいコーヒーを飲むには香りや風味が大きく変わる焙煎が欠かせません。

大阪梅田には焙煎の度合いやどこのコーヒー豆を使っているのか詳細にメニューに書かれたお店“喫茶サンシャイン”があります。

『渋さを感じるよりどころ』喫茶サンシャイン(キッササンシャイン)東梅田駅から徒歩2分程度歩いたところ、地下2階の飲食店などが数店舗ある中の隅の方に昔ながらの喫茶店を醸し出しているレトロなお店「喫茶サンシャイン」があります。 店内の壁にはレトロな雰囲気を感じる石壁になっておりインテリアは全般的に茶色を用いています。 朝7時からお店が空いているので東梅田周辺で仕事をしている人はモーニングを食べてからの出勤や仕事に行く前に職場の人と一緒にコーヒーを飲みに行ったりと朝から気持ちよく出勤することができます♪ 仕事以外にも静かめな空間ですのでゆっくりと本を読んだりするのも落ち着いて読むことができます! 土日も比較的にお店に入りやすいのでショッピングや梅田周辺でお出かけをした際のお茶の時間としても使うことができます。...

その他にコーヒー豆の香りを最大限に引き出すためにハンドドリップにこだわり、深煎りしたコーヒー豆を使った本格エスプレッソが楽しめるお店として“ALL DAY COFFEE”があります。

『異国の陽気な雰囲気とお洒落アイテムを販売しているカフェ』ALL DAY COFFEE(オールデイコーヒー) デート 友達 商談 読書、勉強 ファミリー 異国感...




まとめ

普段コーヒーショップやカフェ、喫茶店で味わっているコーヒーはコーヒー豆の種類、香り、風味に合わせて焙煎の度合いが変わっています。

人によってもコーヒーの酸味が好きな方、コーヒー独特な苦味が好きな方がいると思います。
焙煎の度合いによって変わる味を知ることで、よりコーヒーを美味しく頂くことができます。

コーヒーショップやカフェ、喫茶店に置いているメニューには“浅煎り”“中煎り”“深中煎り”“深煎り”など焙煎度合いが記載しているところもあります。
是非とも自分の好みに合わせた焙煎度合いのコーヒーを選ぶ参考にしてみてください♪

RELATED POST